法的手続き

相手がどうしても払ってくれないなど、直接交渉では、ラチがあかない場合には、
法的手続きを検討していく必要があります。

法的手続きには、支払督促、即決和解・調停、少額訴訟など、弁護士に依頼しなくても
自力で行うことができるものがあります。

しかし、裁判所を利用し、訴訟になるケースや、金額が大きいケースは、やはり弁護士に入ってもらって
話を進めていく方がうまくいくケースが多いでしょう。

それぞれに手続きについては、別の項でご説明していきます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年6月20日

ab (11:35) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

« 相手に支払う意思がない場合 | ホーム

このページの先頭へ